屋根の雨漏り、外壁のひび割れ、汚れ、経年劣化によるトラブルを解決する塗装業者です。お問い合わせ、外壁・屋根の診断、お見積り無料にて承ります。

外壁塗装のプロフェッショナル-名城塗装で高品質・低コスト施工が実現できるワケ-

外壁塗装は
決して安い買い物ではありません。

外壁塗装は、大切な家の健康を守るために必要な作業です。しかし初めての経験となると、費用面がネックとなり、なかなか一歩を踏み出せないという方も多いのではないでしょうか。「できるだけ安い価格で、できるだけ高品質な材料を使い、腕の良い職人に工事をしてもらいたい」というのはみなさんも同じ考えですよね。

沖縄県の外壁塗装における費用の相場はどれくらいか

それでは、沖縄県内で施工される外壁塗装の費用はどれくらいかかるのでしょうか。算定の方法として用いられるのが「延べ床面積」です。延べ床面積は、建物の広さを示す指標であり、延べ床面積が大きい建物であれば外壁の面積も大きくなるからです。
名城塗装のある沖縄市の平均延べ床面積は112.13㎡(出典:総務省統計局「土地統計調査」より)です。これに、特別な計算式を用いて費用を算定すると、およそ80万円~150万円の費用がかかる計算となります。しかしこの金額は、あくまでも施工時に使用する材料費+工事費(人件費)+諸経費の総額です。実は、契約までの手順によって金額が上昇してしまう事もあるのです。

材料費・工事費(人件費)・諸経費以外にも費用がかかる場合がある⁉

外壁塗装を依頼(契約)するパターンは「直接契約」と「間接契約」の2つに大別されます。

1.直接契約

「直接契約」とは、外壁塗装の専門店と直接契約を結ぶことです。提供者(業者側)と顧客などの関係者との間で契約条件や取引の詳細を取り決め、双方で合意し施工を開始するパターンです。第三者を介さずに取引が行われる特徴があります。

2.間接契約

「関節契約」とは、提供者(業者側)と顧客などの関係者との間に第三者が介し契約が成立する形です。外壁塗装や屋根塗装を含むリフォーム工事の場合は、第三者機関として紹介サイトを経由して塗装専門店が受注し、お客様の元へ向かうというパターンがあります。相見積もりを簡単に行える点で優れています。

直接契約と間接契約、両者にどのような違いがあるのでしょうか。それは仲介手数料の存在です。外壁塗装業者にとっては、仲介してくれた紹介サイトの存在がお仕事に繋がったわけですから、当然仲介手数料を支払わなければなりません。そうなると、施工費用(材料費+工事費+諸経費)の他に仲介手数料を上乗せしなければならないわけなのです。そうなれば、お客様に発生するコストが上昇してしまうのは言うまでもありません。

紹介サイト経由での契約だと、相見積もりが容易で複数の業者を比較しやすいというメリットがありますが、仲介手数料の発生により施工費用が高くなってしまうというデメリットもあります。

仲介手数料を頂かない名城塗装の”強み”

私達、名城塗装は紹介サイトへの登録は行っておらず、お客様と直接契約する事で施工している外壁塗装の専門店です。ですので、お客様は仲介手数料を含めた施工費用を支払う必要がなく、高品質で低コストの施工を実現する事ができる会社です。しかしそれと同時に、お客様の声は直接私達に届く事にもなります。「この作業は必ず行う必要があるか」といったお客様の疑問を少しでも解消したいので、お見積については、ホームページに頼るのではなく直接お客様にお渡ししてしっかり説明するように心がけています。また、お客様と密にコミュニケーションを取りながら、納得して頂ける仕上がりを目指しています。

見積り無料
外壁塗装のプロフェッショナル-名城塗装で高品質・低コスト施工が実現できるワケ-
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
外壁塗装のプロフェッショナル-名城塗装で高品質・低コスト施工が実現できるワケ-

この記事は私が投稿しました!

企業とお母さんのお悩みに耳を傾けるフリーランス金城 薫
WEBデザイナー/WEBライター/
お客様の商品を魅力的に伝えるWEBサイトを作っています
家庭教師/
子どもたちに「学び続けること」の大切さを教えています
社会人研修講師/
お客様が求める「人財づくり」のお手伝いをしています

0

ホーム
会社概要
ブログ
施工実績
お問合せ